競技種目について

チームテスト

チームテスト・オビディエンス委員会からのお知らせ

最新の規定書

規定書・ルールブック名
リンク
チームテスト規程書 ※ 2016年12月22日施行
詳しく見る

チームテスト(犬の社会化認定試験)とは?

『チーム』とは、飼い主とその愛犬を意味します。
チームテストの目的は、飼い主が一緒に暮らす愛犬に教育を行うことです。オプデス会員でなくても、また、愛犬に血統書がなくても、すべての飼い主と愛犬が受験出来ます。また、準備されたリンク内で行われるAセクション、実際の市街地などの公共の場で行われるBセクション、犬と暮らすために必要と思われる知識などを知ってもらうために行われる筆記試験の3部門で構成されています。

Aセクション

オビディエンスをメインとしたテスト

オビディエンスにおける基本となる『飼い主の横について歩く』『座って待つ』『伏せからの呼び寄せ』『伏せて待つ』の4項目が、評価と点数で審査されます。

Bセクション

実社会を想定しての路上テスト

飼い主が愛犬を伴って道路を歩く、買い物をするなどの社会生活を愛犬と共に問題なく行えるかどうかが審査されます。

筆記試験について

筆記試験を行う前には、審査員による試験問題についての講習があります。試験問題は、犬の体のしくみについて、犬と共に暮らすために知っておかなければならないこと、犬の病気についてなどがあり、これらについての興味深い講習内容となっています。

  • 〈注〉 筆記試験に関しては、飼い主が一度合格すれば、犬が変わっても、もう受ける必要はありません。
  • 〈注〉 チームテストには有効期限があり、TT1・TT2ともに1年間となっています。(年1回受験〜合格が必要)
  • 〈注〉 TT2を受験するには、TT1の有効期限内(合格日から1年以内)でなければなりません。
永久資格について

上記の通り、チームテストには有効期限があるため1年に1回は受験し合格しなければなりません。よって競技者にとっての負担を減らすために、永久資格を採用しています。

チームテスト・レベル2(TT2)にのみ
永久資格を採用

〈取得条件〉
  • 永久資格を取得する条件は、TT2を最初に合格した日から半年以上の間隔を空けて2回目の受験をすること。
  • Aセクションにおいて2回連続で40点以上(50点満点)を取得して合格すること。

チームテスト・ゴールドペア受賞者

NPO法人オプデス(犬の総合教育社会化推進機構) > 競技種目について > チームテスト

CONTACT お問い合わせ

TEL04-2950-1754 総合お問い合わせフォーム
イベント情報・結果
会員ページ
お問い合わせ